悔しい気持ちがあるからうまくなれる!黄金世代に見た人並み外れた負けん気の強さ【記者の目】

悔しい気持ちがあるからうまくなれる!黄金世代に見た人並み外れた負けん気の強さ【記者の目】
女子ツアーにおいて、現在“黄金世代”と呼ばれる1998年4月2日~99年4月1日生まれの選手たち。今季16戦を終了して5勝しているだけでなく、賞金ランキングのトップ20に7人(勝みなみ河本結、渋野日向子、新垣比菜原英莉花、吉本ひかる。小祝さくら)も入っている。「ニチレイレディス」でもトップテンに高橋彩華(2位)、小祝、河本(3位タイ)、渋野(7位タイ)、原(10位タイ)の5人が食い込んだ。そのほか、2日目に田中瑞希がトーナメントコースレコードの「63」をマークするなど、どれだけタレントがそろっているのか、底の深さを改めて感じさせられた。
毎度の悔しがりもいまでは恒例 河本結のくねくね【写真】
実質ツアー2年目の彼女たちが、なぜそこまで活躍できるのだろうか。これまで多くの人々がその理由を探ってきた。アマチュア時代に勝や畑岡奈紗が優勝したことで、自分たちも十分戦えると思ったから、クラブがやさしくなったぶん、高度な技術を必要としなくなったからなどなど、それこそ挙げればキリがないほど語られている。それを知った上で、あえて個人的な意見をいわせてもらうなら、人並み以上に負けず嫌いの選手が多いからではないか。
例えば、今大会で3位タイに入った河本は、4試合連続のトップ3だったにもかかわらず、涙を流して悔しがっていた。定番になりつつあるが、今回の悔し涙はこれまでと異なる。最終日の9番パー4でティショットを右の林に打ち込んだが、そこからあえて左のラフに出す。ピンが右手前だから、たとえラフでも左サイドから打ったほうが寄せやすいという判断からだ。その読み通り、ピン手前1メートルにつけるスーパーショットを見せる、しかし、残念ながらそのパットを沈めることができなかった。それが許せないという。「自爆ですよね。そこで気持ちを切り替えることができず、後半スコアを伸ばせませんでした」と、振り返っていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月25日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュース

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。