障害者プロアマで感じたスポーツが持つ力【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

障害者プロアマで感じたスポーツが持つ力【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】
スポーツの力が持つ可能性は、もっともっと大きくできる。24日によみうりゴルフ倶楽部(東京都)で行われたDGP障害者プロアマチャリティゴルフトーナメントを取材して、改めてそう思った。あいにくの雨模様だったが、北田瑠衣や今野康晴、市原弘大、薗田峻輔、石井忍らのプロを交えた大会は、笑顔と温かさに包まれていた。 
原英莉花に敬礼!【写真】
DGP(NPO法人日本障害者ゴルフ選手会)取材のこの大会は、今年で第6回を数える。様々な障害を抱えたゴルファーや一般アマチュアが、プロと一緒にプレーできる数少ない機会。ゴルフを楽しむといういつもの気持ちに別な楽しみが加わり、笑顔はさらに大きくなる。技を見る、教えてもらう、そしてトッププレーヤーと同じ空気を吸い、直接、会話ができるという喜びがあるからだ。
アマチュアの側が楽しいのはいうまでもない。だが、プレー終了後のパーティーの挨拶を聞いていると、プロの側も得るものが大きいのがよくわかる。「みんなを元気にしようとしに来たのに、逆に元気をもらっちゃいました。って、毎年言っていますね」と、MCを務めた石井が言う。他のプロたちも、いわゆる仕事モードではなく、心からその場を楽しんでいる様子が伝わってくる。
プロアマに出場するプロを見る機会は多いが、これほどみんなが“お義理”な仕事モードではない様子にはめったにお目にかかれない。
今回、初めて参加した北田瑠衣に話を聞くと、笑顔でこんな答えが返ってきた。「皆さんゴルフに対する向上心がすごいんです。スイングやスコアもそうだけど、何より『ゴルフができて楽しい』という喜びが伝わってきました。ゴルフって、年齢もそうだし、色々な障害があっても関係なく一緒にできるスポーツなんだな、と改めて感じました。こういうイベントがもっと増えて、みんなが知ってくれればいいな、と思います」。スピーチでは、こうも言って喝采を浴びた。「また来年も呼んでください」。北田の笑顔に嘘はなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月25日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三ヶ島かな」のニュース

次に読みたい関連記事「三ヶ島かな」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「河本結」のニュース

次に読みたい関連記事「河本結」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。