リンクスなのに風が吹かない? 好天続きに松山英樹が挙げたポイントは「風次第」

リンクスなのに風が吹かない? 好天続きに松山英樹が挙げたポイントは「風次第」
全英オープン 事前情報◇16日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>
リンクス特有の強い風が吹き荒れる…、ということもなく、比較的穏やかな天候が続いているロイヤルポートラッシュGC。それが逆に“嵐の前の静けさ”といった不気味さも醸し出している。開幕2日前の16日(火)に報道陣の取材に応じた松山英樹にとっても、なかなか計算が難しい練習ラウンドになっているようだ。
松山英樹の世界クラススイング【連続写真】
同日は、堀川未来夢、東北福祉大の後輩・金谷拓実とともにインの9ホールを回った。土日にも1ラウンドずつ練習ラウンドを行ってきたが、コースの印象や、注意するポイントなどを聞かれた際、繰り返したのが「風向き次第」という言葉だった。ここまで、リンクスにしては微風状態ともいえる天候が続くため、まだコースの“本性”が見えていないと思っても不思議ではない。
欧州ツアーなどでは使用されている本コースだが、「全英オープン」の開催は68年ぶり。さらに大会を前に大きな改修も行われ、米国ツアーなど欧州以外で戦う選手にとって、事前情報は決して多くない。松山自身も「聞く人がいないので」と、未知数のまま現地入り。これまでの練習で、感触をつかんできた。
コースは全体的に狭く、フェアウェイ、グリーン周りなどはアンジュレーションもある。大会を主催するR&Aは、事前に開いた会見で「ショットの正確性を要求するコース」とその特徴を話していたが、まさにその通りのセッティングとなっている。例えば“CALAMITY CORNER(災いのコーナー)”と名付けられている16番のパー3は、ティイイングエリアからグリーンまでが極端に狭く、さらにグリーン右に外すと深いブッシュに覆われた崖が待ち受ける。ティショットでのグリーンオンは必須。少し落としどころを間違えただけで、大きな落とし穴が待つこの名物ホールも、風次第でさらにそのスリルが増してくる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年7月17日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。