荒天が予想される最終日 “27年ぶり” のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか? 

荒天が予想される最終日 “27年ぶり”  のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか? 
全英オープン 3日目◇20日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>
母国の威信をかけた選手たちが、最終日の主役になるか? 3日目を終えた「全英オープン」は、トップタイからスタートしたシェーン・ローリー(アイルランド)がトータル16アンダーまで伸ばし、後続に4打差をつける単独首位に立った。そのローリーに続く上位には、イングランド勢と米国勢が目立つ。
逆転なるか?ケプカの豪快ドライバースイング【連続写真】
この日「66」をマークし、トータル12アンダーの単独2位に浮上したトミー・フリートウッドをはじめ、4位タイのジャスティン・ローズ、6位タイのリー・ウェストウッドらイングランド勢は、27年ぶりに全英タイトルを故郷に持ち帰る戦いに挑む。前回イングランドにクラレットジャグが渡ったのは1992年。ニック・ファルドによって成し遂げられたが、その後全英タイトルを手にした者はなく、長い年月が経過した。
4打差を追うフリートウッドは「現実的に(逆転は)難しいと思う人はたくさんいるかもしれない。ただ僕はきょう最高のラウンドをして、ボギーフリーだった。シェーンもすごいプレーだったけど、僕はどのようにプレーすればいいのかを知っている」と自信を示す。
一方、トータル10アンダーで3位につけるJ.B.ホームズ、4位のブルックス・ケプカ、6位のリッキー・ファウラーら上位争いをする米国勢にとっても、ここでの勝利は母国の栄光につながる。今季は

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年7月21日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュース

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。