「クレージーな出来事だった」ロイヤルポートラッシュのヘッドプロが夢舞台で晴れ姿

「クレージーな出来事だった」ロイヤルポートラッシュのヘッドプロが夢舞台で晴れ姿
全英オープン 3日目◇20日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>
ロイヤルポートラッシュGCのヘッドプロ、ガリー・マクニールはこれまで幾度となく、世界のトップゴルファーたちが18番の花道を歩く姿を見てきた。しかし、自身がそのような体験をできるとは、夢にも思っていなかった。
マキロイも左OBに入れた 1番ホールはティショットがカギを握る【写真】
だが、68年ぶりに北アイルランドの地に戻ってきた今大会、第148回「全英オープン」の決勝ラウンドで、その「まさか」が現実ものとなった。
20年にわたり自身のホームコースとなってきた同GCで、決勝進出者の人数の関係上、一人でのラウンドとなったポール・ウォーリン(イングランド)のマーカーとして、ギャラリーの大観衆の中でマクニールは至福の時間を過ごしたのである。
超満員のグランドスタンド、そして世界中のゴルフファンがテレビ中継を観戦している。そんな中で、マクニールの放った1番ティショットは左ラフに入っていった。しかし本人は驚くほどに心を落ち着かせてプレーができていた。コースの左右、マクニールの進む道には、数多くのなじみの顔が並んだ。クラブメンバーたちが“晴れの舞台”でコースを歩くヘッドプロの応援に駆けつけていたからだ。
「1番のティグラウンドでも落ち着いていた。でもバッグからクラブを抜いた瞬間から、悪いショットになると分かっていたけどね(笑)。でも多くのメンバーもいたし、家族や友人も見に来てくれていた。うれしかったよ。17番では良いパットも決めて、気持ち良かった」(マクニール)

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年7月21日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。