ジャンボパター復活で重いグリーンを攻略 原英莉花の緻密な計算に基づく決断

ジャンボパター復活で重いグリーンを攻略 原英莉花の緻密な計算に基づく決断
<センチュリー21レディス 初日◇26日◇石坂ゴルフ倶楽部(埼玉県)◇6470ヤード・パー72>
「軽い熱中症のよう。は~っとしてしまっています(笑)」と真っ赤な顔とは裏腹に、クールな判断で華麗に決めた。原英莉花が6バーディ・1ボギーの「67」と5アンダーまで伸ばし、単独首位発進を決めた。
グリーン攻略へ再投入 こちらがジャンボの贈り物【写真】
好スタートの要因は大きくて重いグリーンを攻略できたこと。1番で6mを沈めたのを皮切りに、4番でも6m、13番では10mを決めるなどロングパットがことごとく決まった。「グリーンが重たいので、下りについてもそこまでプレッシャーがなく打てています。調子が良くないショットもプレッシャーはそこまでない。気持ちよくプレーできました」。33度を超える暑さ、7.1m/sの風速でも着実にスコアを伸ばした。
また、パターを変更したことも好プレーにつながった。原がパターで悩んでいるときに、師匠であるジャンボ尾崎から送られてきたパターに戻したのである。「使うのは、ニチレイレディスのときにジャンボさんからいただいたパターと同じヘッドで太いグリップのものを投入して以来です。今大会のグリーンは大きくて重たいのでしっかりとヒットしたいと思い、再現性のある細いグリップのほうがいいと思って戻しました」。元々ニチレイで投入したのはあくまで2つ目の選択肢。パット自体が悪くなったわけではなかったからこその、再投入だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 原英莉花 Instagram
ALBAの記事をもっと見る 2019年7月26日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「原英莉花 + Instagram」のおすすめ記事

「原英莉花 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三ヶ島かな」のニュース

次に読みたい関連記事「三ヶ島かな」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら