「ゴルフに笑顔を取り戻した」目の肥えた英国ファンの叫び 渋野日向子を絶賛

「ゴルフに笑顔を取り戻した」目の肥えた英国ファンの叫び 渋野日向子を絶賛
<全英AIG女子オープン 最終日◇4日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>
おとぎ話のエンディングとして、これほどセンセーショナルでハッピーなものがあるだろうか。海外試合初出場で女子メジャー制覇を一発で仕留めた渋野日向子。昨年プロテストに合格したばかりのルーキーが、ゴルフ大国のイングランドで偉業を成し遂げた。
スマイルからクライマックス、冗談のシーンも?渋野日向子、最終日のハイライト動画
最終ホールで劇的なバーディを奪い、並んでいたリゼット・サラス(米国)を突き放した。4日間トータル18アンダーまで伸ばす圧巻のゴルフ。1977年に「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来42年ぶりの快挙は、世界中を驚きに包んだ。
ラウンド中の笑顔はもはやトレードマークとなり、外国人ギャラリーも渋野を追った。「最初は日本人だったけど、最後はこっちの人とも、小さい子ともハイタッチしていた」。まさに渋野ワールド全開で、一大センセーションを巻き起こした。
歯切れのいいゴルフに加えスマイル満天。日に日にファンは増え続け、毎ホール、ハイタッチを求める列がホール間にできた。「ヒナーコー」の声援が飛び交う中で、日本のスマイルシンデレラは笑顔のプレゼントを振りまいた。最終日の最終ホール、グリーンに上がる歓声は、そんな渋野の4日間に対する感謝の拍手へと変わった。
キャディを務めるコーチの青木翔氏と談笑し、冗談を言い合った4日間。最終ホールのセカンド地点では前の組のプレーでかなり待たされたが、駄菓子を食べながらキャディと冗談の飛ばし合い。「ここでシャンクしたらかっこ悪いな~」、「プレーオフは嫌だったから、3パットすればプレーオフはない(=負ける)って話したら、怒られました(笑)」など、ジョークで冷静さを保ち、最後はカップを壊さんばかりの強気なパットで優勝を勝ち取った。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年8月5日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。