番手で選ぶな、五感で選べ! 宮田成華は7番アイアン2本で距離の階段を調整【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

番手で選ぶな、五感で選べ! 宮田成華は7番アイアン2本で距離の階段を調整【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】
アマチュアゴルファーは女子プロのスイングを参考にした方が良いと言われている。なぜなら女子プロの平均的なヘッドスピードは、一般的な男子アマの平均値と同じ40m/s程度だからだ。
注目女子プロ67人のセッティングが丸わかり!【フォトギャラリー】
だが、本当に参考できるのはスイングだけだろうか。女子プロたちも我々アマチュアと同じように「球が上がらない」、「スピンがかかりすぎてしまう」といった多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのは、スイングだけでなく14本のクラブたちなのである。
そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしている、ちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしてきたい。今回は宮田成華の7番アイアン。
165cmの長身とツアープロコーチも賛辞を送るスイングから繰り出される飛距離の出るショットが持ち味の宮田。なかでも球の高さはツアーでも有数で、日本では数少ない“上からグリーンに落とせる”選手である。
だが、球が高いがゆえの弱点があった。それはアゲンストの時にUTで打った球が風に負けてしまうこと。特にパー3でのティショット時に苦戦する傾向があった。「UTをもともと3本入れていたのですが、高い球を打とうとしたときに元々球が高いので上に吹けてしまうことがありました。特にティアップしたときに出やすかった。それがずっと課題でした」と宮田はいう。
そこで、それまで3本入れていたUTを一新してロングアイアンを投入。その際、5番から7番までテーラーメイドの『P790』、7番からPWまで『P760』と7番アイアンを重ねるセッティングにしたのである。どうして7番アイアンを重ねたのか。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年8月14日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら