渋野日向子の後輩・久常涼が五輪会場で躍動! それでも「スマイル・キングにはなれない(笑)」

渋野日向子の後輩・久常涼が五輪会場で躍動! それでも「スマイル・キングにはなれない(笑)」
<日本ジュニアゴルフ選手権競技 2日目◇15日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)>
渋野日向子の母校・岡山県作陽高の後輩が、来年の東京五輪ゴルフ競技の会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部で躍動した。「日本ジュニアゴルフ選手権」男子15歳~17歳の部は2日目の競技が終了。小林大河(西武台千葉高1年)、唐下明徒(瀬戸内高2年)の2人がトータル4アンダーの首位で並ぶなか、作陽高の2年生・久常涼が4バーディ・2ボギーの「69」とスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダーで、首位と1打差の3位タイにつけた。
東京五輪会場で「日本ジュニア」開催中!【フォトギャラリー】
先輩の姿を彷彿とさせる18ホールだった。アウトコースから出ると2番で幸先良くバーディを奪取。だが、その後停滞すると、7番ではボギーを叩いてしまう。それでも8番でバウンスバックを決めると、ボギーを1つ挟んで迎えた17番、18番と上がり2ホールで連続バーディ。“インコースに強い”を地で行くプレーで、この日3人しかいないアンダーパーで駆け抜けた。
現在、日本列島を包み込んでいる“シブコフィーバー”は、後輩にも大いに影響を与えている。「今はその話題ばかり(笑)」と話すが、偉大な先輩の快挙には当然悪い気はしていない。「そのくらい日本全国が盛り上がることをされた。とても尊敬できます」とうれしい限りだ。
学年が被っていないため、高校でともに練習したことはないが、親交はある。元々作陽高の面々が練習しているところを拠点としていた久常は、中学生の時に高校生だった渋野と出会っていた。「全国高等学校ゴルフ選手権大会」の団体戦で優勝していたときも、生で見ていたという。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年8月15日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら