松山英樹は年間王者に向け運も味方 9秒待機パットで「不思議」

松山英樹は年間王者に向け運も味方 9秒待機パットで「不思議」
<ツアー選手権 初日◇22日◇イースト・レイクGC(ジョージア州)◇7346ヤード・パー70>
米国男子ツアーの年間王者を決める最終戦「ツアー選手権」が幕を開けた。前週までのフェデックスカップ・ポイントランキング上位30人が出場する最終戦は、一度ポイントがリセットされ、順位に応じてスタート時のスコアにハンデをつける新方式が採用。“首位”と7打差の3アンダーからスタートした松山英樹は、6バーディ・2ボギーの「66」で回り、7アンダーの7位。年間王者に向けて上々のスタートを切った。
松山英樹の安定感抜群ドライバースイング【連続写真】
2番、3番で連続バーディ。4番をボギーとするも6番からも連続バーディ。11番、12番でも連続バーディを奪ったが、終盤の17番でボギーと、4つ伸ばすにとどまったが、「ショットもパットも不安がある上がりになってしまったので少し調整して明日もいいプレーができればなと思います」と、フル満足ではないものの、最低限の結果は残した。
前半は松山らしいショットの安定感に加え、中盤はパットも満足の内容。チャンスを決めるシーンが多く、10アンダーからスタートしたジャスティン・トーマス(米国)を追ったが、後半は苦しい展開。それでもトーマスの足踏みによって、首位グループとは3打差という位置は、一気にハンデを消したといってもいいスコアだ。
7番では珍事も。カップのふちに止まったバーディパットが、9秒後にコロン。10秒間は待つことができるが、まさにギリギリでのバーディ奪取。「ボクはああいうのが入ったためしがないので、入らないんだろうなと思っていたら『動いているよ』と言われて。ああ、入っちゃったって。不思議な感じでした」と、運も味方した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年8月23日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。