世界トップクラスの2人が相手 吉本ひかるが黄金世代10人目Vへ必要な“逃げない”気持ち

世界トップクラスの2人が相手 吉本ひかるが黄金世代10人目Vへ必要な“逃げない”気持ち
<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇14日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>
最終組で迎えたメジャーのムービングデーも鮮やかに乗り切った。吉本ひかるは6バーディ・1ボギーの「67」とスコアを5つ伸ばし、トータル11アンダーの2位に浮上。首位と2打差から逆転での初優勝を目指す。
吉本ひかるが資生堂の神メイクを施した!
悪い流れに傾きかけたところで、すぐさま持ち直した。出だしの1番で2mにつけながらもバーディパットを決められず暗雲が立ちこめたが、3日間で2番目の難易度を誇る2番パー3で3mを沈めてバーディ先行。さらに次の3番パー5では3打目を1mにつけて連続バーディ。早々にいい流れを引き込み最後まで走り抜けた。上がりの18番では残り123ヤードから2mにつけてバーディ締め。一時は5打差まで離されながらも、首位を走る同級生に手が届く位置で食らいついた。
今季がフル参戦初年度ながら、最終日最終組に入るのはこれで3度目。だが、初めて入った「スタジオアリス女子オープン」では「75」、2度目となった「フジサンケイレディス」では「72」。とくにフジサンケイは、2位以下に2打差をつけた首位からのスタートだったが、「63」を出した申ジエ(韓国)に7打差を逆転された。最終日最終組で伸ばせていないのは大きな課題となっている。
吉本も「伸ばさないと絶対ダメ」と十分に理解している。「これまで攻めきれないところがあった。明日は攻めたい。今までは自分的には守っているつもりはなかったのですが、反射的に守っていたのかもしれない」と分析している。だが、“反射的”だとすると今回も守ってしまうのではないか。その部分について、吉本のコーチである中島敏雅氏が補足する。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年9月15日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら