短いコースだからこそ 畑岡奈紗はウェッジの距離合わせでダンクイーグルからの圧勝【勝者のギア】

短いコースだからこそ 畑岡奈紗はウェッジの距離合わせでダンクイーグルからの圧勝【勝者のギア】
国内メジャー第2戦は畑岡奈紗の圧勝に終わった。世界ランキング9位が順当に勝利という結末だったが、内容的にも他の選手を圧倒するものだった。
畑岡奈紗のドライバースイング【動画】
4日間通してのドライビングディスタンスは堂々1位。パーオン率でも、72ホール中62ホールで1位。1ラウンドあたりの平均パット数28.5も1位。ショットでチャンスをつくり、パッティングも決める王道スタイル。スキのないゴルフで国内公式戦3勝目。20歳245日での公式戦3勝は最年少記録となった。
今大会は、距離が短いぶんラフが深いセッティング。フェアウェイキープが絶対とされた。400ヤード台のパー4はひとホールのみ。距離の短いセカンドや、パー5での3打目がスコアメイクのカギ。そこで畑岡が見せた精度は、やはり世界クラスだった。
4日間通じて際立ったのは、100ヤード以内。特に最終日の15番は圧巻だった。300ヤードの短いパー4で、セカンドは70ヤード。握ったのは58度のウェッジ。バーディがほしいホールで、なんとこれを直接放り込みイーグル。後続の追い上げを許さない、まさに王者のショットだった。
大会前最初の練習ラウンド。コースチェックを行った畑岡は、ウェッジの距離感を確かなものとするため、距離測定器を用いて、50度、54度、58度のそれぞれの距離を測った。自分の調子と、そこでの距離感。「中途半端な距離をチェックしたり、調整できました」と、短いクラブの勝負になると踏み、その集大成として見事なダンクイーグルを奪った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 畑岡奈紗 Instagram
ALBAの記事をもっと見る 2019年9月16日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら