ライバル、先輩、そして家族 柏原明日架の初優勝を支えた宮崎県人たち

ライバル、先輩、そして家族 柏原明日架の初優勝を支えた宮崎県人たち
拡大する(全1枚)
<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日◇29日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6505ヤード・パー72>
勝つときは泣かない。そう思っていてもやはり込み上げてくるものは抑えられなかった。優勝直後のインタビューで「この場に立つのに6年もかかってしまった。日頃から応援してくださるみなさまにたくさんの心配をかけてしまった(笑)」と切り出した冒頭から、すでに言葉を詰まらせていた。
これが柏原明日架、6年分の涙【大会フォトギャラリー】
改めて「長かった」と振り返ったプロテスト合格からの6年。苦しいことも多かったが、ここまでやってこれたのは、話したとおり同郷の同級生や先輩、そして家族の存在が大きかった。
宮崎県が生んだレジェンド・大山志保は、常日頃から何かあれば相談している先輩。とくに最近は同組で回ることも多く、アドバイスを求める機会も多かった。何かあれば客観的な意見を快くくれるのだが、7月の「センチュリー21レディス」で予選落ちしたときも、練習グリーンで「なかなか調子が上がってこないんです」と相談した。
「“勝てないのは何でなんですかね?”って質問したら、“大事なのは1勝目の早さじゃないよ。ゴルフをやめるときに何勝していたかだよ”と言ってくださって。さらっとした会話でしたけど、気持ちの支えになりました。焦りを取り払ってくれたし、目の前の課題に集中した方がいいと気づくことができました。この言葉は大きかったですね」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク