イ・ボミも女王戴冠時のパターにカスタム 複合シャフトは何がいい?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

イ・ボミも女王戴冠時のパターにカスタム 複合シャフトは何がいい?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】
一般アマチュアゴルファーは、同じ40m/s程度というヘッドスピードが近い理由で女子プロを参考にした方が良いと言われているが、参考できるのはスイングだけではない。女子プロたちも我々アマチュアと同じように「球が上がらない」など多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのは、スイングだけでなく14本のクラブたちなのである。
注目プロ67人のセッティングをひとまとめ!ウッド構成も丸わかり!【フォトギャラリー】
そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしている、ちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしてきたい。今回はイ・ボミ(韓国)のパター。
前週の「スタンレーレディス」で6位タイに入り獲得賞金が2500万円を超え、2年ぶりとなる賞金シードに当確のランプを灯して「めっちゃうれしいです!」と喜んだボミ。その手に握られていたのは“カスタム”されたパターだった。ヘッドは賞金女王戴冠時のエースパターであるオデッセイの『ホワイトライズiX #1SH』だが、ささっているシャフトは今年発売された『ストロークラボ』のシャフトだった。
このカーボンとスチールをひっつけた複合シャフトは、女子ツアーで着々と勢力を拡大している。本来ヘッドとセットで1つのモデルとなっているこのストロークラボだが、上田桃子や李知姫(韓国)もボミと同じように自らのエースパターのヘッドに、このシャフトをさしてツアー優勝を挙げている。このツアーでの動きにオデッセイも反応、本来のストロークラボではないEXOシリーズに同シャフトを入れる“カスタム”を開始。メーカー担当者によれば「これからさらにカスタムを増やしていきたいです」と今後、他のモデルでもカスタム対応が行われる可能性が高い。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年10月16日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。