2位終戦の三ヶ島かなはアマチュアVに「それが1番悔しい」 稲見萌寧と“優勝賞金”分け合いTOTO出場権が確定

2位終戦の三ヶ島かなはアマチュアVに「それが1番悔しい」 稲見萌寧と“優勝賞金”分け合いTOTO出場権が確定
<富士通レディース 最終日◇20日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675ヤード・パー72>
古江彩佳のアマチュア優勝を阻止しようと、意地を見せたプロたち。しかし、懸命のプレーは実らなかった。
優勝した古江彩佳は涙…
単独トップから最終日をスタートした三ヶ島かなもその一人。1打のリードを持って臨んだ18ホールだったが、またしても悲願の初優勝に手が届かなかった。1番パー5で、3打目を奥1mにつけバーディを奪ったが、その後は「パターが決まらなかった」とチャンスをものにできず。バーディパットがわずかにカップをそれ、大きくヒザを曲げるシーンが多くなり、古江に2打差のトータル15アンダー・2位タイで大会を終えた。
それでも同じ組で回った古江に、持ち味のショット力でプレッシャーをかけ続けた。フェアウェイキープはパー3以外の14ホールで13回を記録。さらにパーオン率も18ホール中15回と、優勝に向け大きなミスもなくノーボギーのラウンド。「攻めるところは攻め、守るところは守れた。(勝てなかったので)良くはなかったけど…」。それだけに悔しさはひとしおだ。
さらにアマチュア優勝について「それが1番悔しいですね」。2オンを狙った7番パー5では、セカンドが奥のピンに対して、グリーン手前のバンカーに入り、さらにその後の3打目でも寄せきれないピンチをパーでしのぐなど、プロらしいしぶとさを見せたが、バーディが2つにとどまり、スコアを伸ばしあぐねた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年10月20日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤田光里」のニュース

次に読みたい関連記事「藤田光里」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュース

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。