「毎年苦労した」ホールでホステスの夢破る 柏原明日架の頼れる11番ウッド【勝者のギア】

「毎年苦労した」ホールでホステスの夢破る 柏原明日架の頼れる11番ウッド【勝者のギア】
拡大する(全1枚)
今シーズン3番目の差となる6打差を逆転して、今季2勝目を挙げた柏原明日架。9月の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で初優勝を挙げるまで6年かかったとは思えないほどの落ち着きと自信を持ったプレー振りだった。
ドレスを着てもかっこいい!柏原明日架のオフショット
3日目を終えた時点で首位のテレサ・ルー(台湾)とは6打差。それでも諦めることなく「1ホールでも早く追いつきたいと思ってプレーしました」と序盤から攻めに攻めた。伸ばしあぐねるテレサを尻目にスコアを伸ばしていくと、15番パー5でバーディを奪い、すでに入れ替わっていたホステスプロのイ・ボミ(韓国)と並ぶトップに立つ。
ボミは1つ後ろの最終組。「ボミさんも15番でバーディを獲ってくる。そうなれば1打差。絶対あと1つ獲らないとだめ」。バーディを獲らなければいけないなかで迎えた17番パー3。今年の4日間での平均スコアは3.1835と18ホールで1番難易度が高い上に、「毎年苦労していました。ボギーを叩いてしまったことで予選落ちをしてしまった」と例年苦手としていたホールだった。
ここのティショットで握ったのが11番ウッド。「ほとんど打ったことなかったのに、試したらすごく良かった」という昨年の9月に投入した頼れる相棒を握り、2mにつけてバーディを奪取。この時柏原は把握していなかったが、ボミは15番でバーディを奪えず。結果、この“1打差”で優勝を勝ち取った。

当時の記事を読む

テレサ・ルーのプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テレサ・ルー」に関する記事

「テレサ・ルー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テレサ・ルー」の記事

次に読みたい「テレサ・ルー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月28日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。