渋野日向子、2021年から米ツアー参戦 メジャー全大会制覇へのロードマップが完成

渋野日向子、2021年から米ツアー参戦 メジャー全大会制覇へのロードマップが完成
<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇6日◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659ヤード・パー72>
渋野日向子が、2021年からの米ツアー参戦に向けて動く。日本で開催される唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦の「TOTOジャパンクラシック」開幕直前。水曜日のプロアマ戦に出場した渋野が報道陣の取材に応じ、改めて来年の米ツアー参戦を見送ったことを明かした。
渋野日向子に畑岡奈紗が前夜祭で華麗にドレスアップ【フォトギャラリー】
8月の「全英AIG女子オープン」出場時に獲得した来季のメンバー登録期限は今月18日だが、これを回避。「覚悟ができていない。気持ちの面が大きい」と、一度落ち着く必要があると判断した。その上で、将来的には挑戦する意向を表明した。
正式なメンバー登録を見送るとはいえ、全英優勝の資格で海外女子メジャー5試合に加え春先の「HSBC女子世界選手権」はすでに出場権を獲得している。さらに、推薦枠の6試合を生かし、最大12試合には参戦する予定を組む。推薦出場の獲得状況にもよるが、この結果、不在となる日本ツアーの大会も出てくることは覚悟の上だ。
今回の見送りは、将来的な目標達成のための一歩でもある。「3年後にはもうひとつメジャー勝利、10年間でグランドスラムを達成することを目標とします」と青木翔コーチ。渋野も「青木さんと話して、そういう形で進めていきたい」とした。
全英優勝後はあわただしい時間が続いた。そこで、先週の「スインギング・スカーツLPGA台湾選手権」終了後、チームで今後のロードマップを作成。渋野の未来予想図が完成した。具体的には、まずは完全参戦ではなく20年シーズン1年間に出場予定の12試合をこなし、米本土開催の移動や、生活環境に慣れることが先決と判断。その上で、以下の選択肢をとることになる。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年11月6日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。