歴代屈指のサバイバル完結 “プラチナ世代”喜びと悲しみの声【LPGA最終プロテスト】

歴代屈指のサバイバル完結 “プラチナ世代”喜びと悲しみの声【LPGA最終プロテスト】
拡大する(全1枚)
<LPGA最終プロテスト 最終日◇8日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇6398ヤード・パー72>
11月5日~8日の日程で行われた「LPGA 最終プロテスト」。今年度からツアー出場優先順位を決めるクオリファイング・トーナメントに出場するためには正会員の資格が必須となったため、これまで受験していなかった面々もこぞって受験。歴代でも屈指のメンバーがそろうサバイバルとなった。
合格おめでとう! 21人がプロの道へ【写真】
さらに今年のプロテストは今年度より受験資格年齢も18歳以上から17歳以上に引き下げられた影響で、現在の19歳になる世代と18歳にあたる世代がともに初受験。「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」優勝、アマチュアの連続予選通過記録タイ(10試合)を持つ安田祐香や、昨年度の「日本女子アマ」、「日本ジュニア」の2冠を達成した吉田優利らを擁する2000年4月~2001年3月生まれの“プラチナ世代”の面々が過酷な4日間を終えての感想を語った。
・西村優菜(トータル8アンダー・2位タイ)
「パターがやっと入ってくれました。緊張感は4日間ともありました。とりあえず通過できたのはうれしいですが、すごく安心したからか疲れがドッときました。QTがあるのでしっかり通過して、ルーキーで活躍できるように頑張りたいです。日本で勝って、海外でも活躍できるような選手になりたいです」
・安田祐香(トータル5アンダー・4位タイ)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク