ビッグトーナメントで2年ぶり2勝目へ 小鯛竜也はヘッドもシャフトも“欧米か!?”

ビッグトーナメントで2年ぶり2勝目へ 小鯛竜也はヘッドもシャフトも“欧米か!?”
<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇12日◇太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)◇7262ヤード・パー70>
残すところ4試合となった国内男子ツアー松山英樹監修の名門・太平洋クラブ 御殿場コースで行われる伝統の一戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」の練習日。小鯛竜也が、見慣れぬ2つの海外仕様のプロトタイプをテストしていた。
米ツアー優勝 鈴木愛のパット練習【動画】
1つ目は、ドライバーヘッド。契約するミズノの『ミズノプロ』ではなく、ソールに同社のランバードマークが入っており、トゥ側に『ST200X』と刻印がある。『ミズノプロ』はフルチタンだが、クラウンにはカーボンの模様も見られる。
同社のツアー担当は「詳しくは話せませんが、今週からテストを開始した海外仕様のプロトタイプとだけ…」と話す。ミズノの海外仕様モデルといえば、原英莉花が3Wに使用中の『ST190』シリーズが現行品だが、このモデルの後継機種を小鯛も試しているということか。
もう1つの新作は、このヘッドに挿さっていた三菱ケミカル『ディアマナD Limited』と書かれたシャフト。同社のツアー担当は「今日初めてツアーに持ってきた」と、こちらも詳細は伏せたが、ブルックス・ケプカ(米国)が愛用中のモデルで、日本では未発売の海外モデルとのこと。
小鯛は「ボール初速が出ていますし、飛びそうな感じ。ヘッドはつかまるものとつかまらない2種類ありますが、ボクはつかまるほうの座りが好きです。シャフトは『白マナ』っぽい。オーソドックスなしなりで、このヘッドで試した中では一番合うというか、(使用してハマる)可能性を感じますね」と語っていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年11月13日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。