女王争いは明暗くっきり 申ジエと鈴木愛は優勝争い、渋野日向子は8か月ぶり予選落ちに涙

女王争いは明暗くっきり 申ジエと鈴木愛は優勝争い、渋野日向子は8か月ぶり予選落ちに涙
<伊藤園レディス 2日目◇16日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>
国内女子ツアーは残り3試合。その第1ラウンドとなる「伊藤園レディス」は予選ラウンドが終了。賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)が首位タイ、同2位の鈴木愛が1打差3位タイにつける一方で、同3位の渋野日向子はカットラインに1打足らず3月の「アクサレディス」以来となる予選落ちを喫した。
硬い表情で18番グリーンを後にする渋野【写真】
3アンダー・15位タイから出たジエは、前半だけで6バーディを奪う猛チャージ。18ホール最少スコア記録も期待されたが、後半はぱったり。パーが並ぶ展開が続いた。「前半でいいプレーができたので“もっといきたい”という気持ちが強くなってしまいました」。リズムが速くなり、上体の起き上がりも早くなっていた。「16番でそのことに気がつきました。意識するようになったらまた良くなりました」と17番でもバーディを重ねてホールアウト。持ち前の修正力でライバルを抜き去った。
「今日は自分に集中してプレーできました。あしたも同じようにプレーしたいですね。最近優勝がないので、あしたは優勝するためにいいイメージを持っていきたい」。鈴木も1打差とぴったりとつけてきているが、「いいライバルがいることはいいプレーにつながります」と刺激に変えて女王の座をグッと引き寄せる。
一方の鈴木は序盤は停滞気味のプレーが続いた。6番で最初のバーディを奪ったものの、7番で3パットのボギー。それでも「流れを引き寄せようとして強く打って3パットするケースが多かった。いいイメージを出せて、パットがどばどば入るタイミングを待ちました」と我慢のゴルフを展開。するとバックナインで3連続を含む4つのバーディを奪取。女王争いの筆頭に食らいついた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年11月16日のゴルフ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。