悲鳴が歓声に変わった“ミスショット” 金谷拓実の勝利を引き寄せた1打

悲鳴が歓声に変わった“ミスショット” 金谷拓実の勝利を引き寄せた1打
<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇17日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>
史上4人目となるアマチュア優勝を決めた金谷拓実(東北福祉大3年)。ショーン・ノリス(南アフリカ)と1打を競る熱戦を繰り広げ、最終18番、約7mのイーグルパットで接戦に幕を引いた。
金谷拓実のドライバースイング【動画

JGTOの青木功会長は、アマチュア選手の活躍に“失う物がない”という強さを挙げる。しかしそれ以上に、金谷の優勝争いを見て感じたのが勝利を引き寄せる気持ちの強さだった。
とくに圧倒的な強さを見せたのが、最終日の終盤。前半を終えた時点でトータル9アンダー、ノリスに逆転を許して1打差を追いかける形でバックナインに突入した。
一時は2打差まで引き離されたが、粘り強く1打差へ引き戻して迎えた16番パー4。ピン手前から約10mをねじ込みバーディを奪ったが、ほぼ同じラインにつけたノリスもこれを決める。
膠着状態のまま迎えた17番パー3。2人は1オンに失敗し、ノリスは右手前バンカー、金谷は左サイドのラフに入った。プレーオフの可能性がちらつく中、先に打ったノリスのバンカーショットはグリーンに乗らず、手前のラフに落ちた。「プロとして金谷に負けたくないという気持ち、17番のボギーはその現れだと思う」(青木)と、ノリスはここで2オン2パットのボギーで後退。金谷はアプローチを約1.5mに寄せてパーセーブ。ここでトータル11アンダーでトップに並んだ。
ALBAの記事をもっと見る 2019年11月18日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュース

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中嶋常幸」のニュース

次に読みたい関連記事「中嶋常幸」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。