遼、勇太に勝るとも劣らないベテランの輝き 2010年男子ツアー

遼、勇太に勝るとも劣らないベテランの輝き 2010年男子ツアー
 JGTO小泉直会長の言葉を借りれば「オーバー40とアンダー25」。今季の男子ツアーは台頭著しい若手と奮闘するベテランという構図が色濃くでた1年だった。小田孔明の連覇で始まったシーズン序盤は藤田寛之谷口徹といったベテランが牽引。若手も中日クラウンズで石川遼が最終日“58”を叩き出し優勝、さらに金庚泰(キム・キョンテ)(韓国)は「ダイヤモンドカップゴルフ」でツアー初優勝を挙げ賞金王への第1歩を踏み出した。6月に入るとルーキー薗田峻輔がツアー参戦5戦目で初優勝、池田勇太も「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Lake Wood」でまずは目標としていた1勝を挙げた。
石川遼の持ってるデータとは?
 猛烈な暑さに見舞われた夏場はベテランが再び輝く。「The Championship by LEXUS」では兼本貴司がバックナインで6打差をひっくり返す大逆転劇を演じツアー2勝目。「若けりゃいいってもんじゃない。地道にやれば40歳になっても活躍出来る」との兼本の言葉をマンデートーナメントから勝ち上がるという離れ業で「セガサミーカップ」を制した小山内護が実証してみせると、「関西オープンゴルフ選手権」では野仲茂も初優勝で続いた。
 勝負の秋は若手の勢いが席巻する。9月「フジサンケイクラシック」で薗田とのプレーオフを制した石川遼が今季2勝目、「ANAオープン」では池田が2勝目。今季ブレイクを果たした松村道央が「コカ・コーラ東海クラシック」で初優勝、「キヤノンオープン」では横田真一が13年ぶりの優勝を果たしベテランが輝いたが、メジャー第3戦「日本オープンゴルフ選手権」から「ダンロップフェニックス」までのビッグトーナメント5試合はキョンテ、池田、石川の3強がタイトルを独占。特に終盤で際立った池田の強さが賞金王レースを一気に盛り上げた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2010年12月17日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武藤俊憲」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤俊憲」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら