日本人選手として大会初優勝を飾った中嶋常幸 今年が最後の戦いになると明言!

日本人選手として大会初優勝を飾った中嶋常幸 今年が最後の戦いになると明言!
<ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇20日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
1974年に産声を上げた今大会。「世界基準の大会をつくろう」、「世界のトッププレーヤーを生で見ることのできる試合をつくろう」というポリシーのもと、ジャック・ニクラスやジョニー・ミラー、トム・ワトソン(いずれも米国)といった世界の名手がこぞって出場した。しかし、それは同時に国内ツアーと海外ツアーとのレベルの差を思い知らされる結果となった。なんと74年から84年まで11年連続で海外選手に優勝カップを奪われていたのだ。その屈辱を晴らしたのが85年の中嶋常幸だった。2位以下に3打差をつける通算13アンダーで、日本選手として大会初優勝を飾ったのだ。
先週は大学生の金谷拓実が優勝 この若さあふれるガッツポーズ!【写真】
「もちろん、今でもよく覚えているよ。当時は米ツアーから強い選手がたくさん来ていて、日本選手が勝てない試合といわれていたからね。自分自身、81年にセベ・バレステロスと優勝争いをしながらも敗れていたし、そのリベンジをできたことも大きかった」
中嶋によれば、今大会はレベル的に米ツアーに匹敵するトーナメントとして国内外でも認められていたという。だからこそ、翌86年に中嶋が米ツアーに参戦したとき、たくさんの選手から「優勝おめでとう」という祝福を受けることができた。
「自分にとって85年大会は間違いなくベストトーナメントの一つだよ」と胸を張る。その思い出深い大会だが、今年をもって最後の出場にするつもりだという。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「若林舞衣子」のニュース

次に読みたい関連記事「若林舞衣子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュース

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。