バチバチの“シード争奪戦”、その行方は? 賞金ランク61位の森田遥は単独首位発進「失うものは何もない」

バチバチの“シード争奪戦”、その行方は? 賞金ランク61位の森田遥は単独首位発進「失うものは何もない」
       
<大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>
現在、獲得賞金1750万8404円で、賞金ランキング61位。ツアーに本格参戦した2016年以来守り続けたシードの“崖っぷち”に立たされている森田遥が、ボギーなしの7バーディで初日を終えた。2位に2打差をつけ7アンダー・単独トップで、ここから逆転シードを狙う。
シード争い激化! 美しい紅葉とともに大会初日をプレーバック【大会フォト】
「ショットもパットもよくて、バーディチャンスは3分の2は決められました。ピンチもそんなになかったですね」と会心のラウンド。ツーオンに成功した17番パー5で、15mから3パットしスコアを伸ばせなかったことには悔やしい表情を浮かべたが、現時点で自身の今季最終戦となる今大会で軽やかにリーダーボードを駆け上った。
シード圏内となる同50位(濱田茉優、2401万6500円)との差は、約650万円。他の選手の動向次第ということもあり、あくまでも目安ではあるが、その背中を追い越すためには、700万円を手にできる単独3位以上が条件と決してたやすくはない。「先々週、先週と調子が上がってきたなかで、もう試合がないのは悔しい」。スイングのイメージが合わずに苦しんだ状態から脱する手ごたえを感じたのが、シーズン終盤という事実も歯がゆかった。
しかし、まだ初日ではあるが、そのモヤモヤを一気に払拭するチャンスが到来した。17年の「北海道meijiカップ」以来となるツアー2勝目を挙げ、優勝賞金1800万円を手にすれば、もちろん文句なしでシード選手の肩書を死守することができる。同じ四国の香川県出身の森田にとって、ここは「ホーム」という感覚。「失うものは何もない」と慣れ親しんだ土地で、大まくりに意気込みを示した。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森田遥」に関する記事

「森田遥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森田遥」の記事

次に読みたい「森田遥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 森田遥 中国

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。