ジャンボ尾崎、来季は3試合限定出場? 体力“維持”でなく体力“アップ”は可能なのか

ジャンボ尾崎、来季は3試合限定出場? 体力“維持”でなく体力“アップ”は可能なのか
<ダンロップフェニックストーナメント 初日◇21日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
インコースからスタートしたジャンボ尾崎が、12ホール目となる3番パー3を終えると、同伴競技者の藤田寛之、浅地洋佑と握手を交わした。腰痛により途中棄権するためだ。これで3試合連続の棄権となったが、「ブリヂストンオープン」では13ホール、「マイナビABCチャンピオンシップ」では16ホールと、18ホールすらフィニッシュできていない試合が続く。
ジャンボさん、歩く姿もつらそうです…【写真】
「スポーツ選手としての体力がないからな。10のうち1ぐらいしかないようでは…。トーナメントを戦うための準備がまったくできていない状態だよ」
スポーツの世界では心技体が大切だといわれるが、ジャンボは昔から体技心の順番だと言い続けてきた。体力があってこそ、技術が身につくのであり、それによって精神面が鍛えられるという論理だ。ところが、肝心の体力が伴わない。技術を磨きたくても、練習するほどよけいに体を痛めてしまう状況だ。それでも、自分にはゴルフしかできない、ゴルフが大好きだという気持ちを支えにしてトーナメントに参戦してきたが、もうジャンボの体を支え切れなくなったのかもしれない。
「来年は中日クラウンズ、ANAオープン、ダンロップフェニックスの3試合に絞り、そのための準備を1カ月ぐらいかけて行ないたい」
昨年、今年と7試合に出場数を減らしたが、3試合が限度だと判断したのだろう。ただ、その3試合で十分なパフォーマンスを見せることができるかどうかは、レベル1にまで落ちた体力をどうやって戻すか次第だ。来年の1月には73歳となるジャンボ。体力アップどころか、維持するだけでも至難であることは間違いない。それを乗り越えなければ、来年出場予定の3試合は単なるカウントダウンにしか過ぎないだろう。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュース

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。