松山英樹、「+5」発進にも動じず プロ転向後初の大叩きでも4差をキープ

松山英樹、「+5」発進にも動じず プロ転向後初の大叩きでも4差をキープ
<ダンロップフェニックストーナメント 2日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
雨粒が激しく傘を叩きつける音を打ち消すかのように、“カーン!”という乾いた音がコース内に響き渡った。1番パー4でティショットを右の林に打ち込んだ松山英樹が、リカバリーショットを放った直後だ。木と木のわずかな隙間を狙ったものの、ボールは松の幹をとらえてしまった。運悪く、松に当たって跳ね返ったボールは右前方のハザード内へ。気を取り直し、ドロップ後に4打目を放つと、またしても“カーン!”と松に当たり、再びハザード内へ転がっていく。再度ドロップした後、ようやく6打目で林からの脱出に成功。7打目でグリーンをとらえ、2パットの1ホール「9」でホールアウトした。
米ツアートップの飛ばし屋に、ギャラリーも釘付け【大会写真】
「自分としては最善を尽くしたつもりなんですけどね。まあ、昨日のラウンドは運がよかったわけですし、今日は運が悪かったってことじゃないですか(笑)」と、サバサバとした表情で振り返った。ティショットが悪くても、5アンダーをマークした初日のラウンドとプラスマイナスゼロという考え方なのだろう。ちなみに、パー4で「9を叩いた経験があるか振ってみると、「あるとは思いますが、いつかは覚えてないですね」と答えた松山。調べた結果、ツアープロに転向してからはトリプルボギーが最多で、初めての大叩きだった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。