さらば、“ダンロップフェニックストーナメント”我がフェニックス人生に一片の悔いなし!

さらば、“ダンロップフェニックストーナメント”我がフェニックス人生に一片の悔いなし!
<ダンロップフェニックストーナメント 2日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
本戦に入る前から、今年を最後に今大会には出場しないと決めていた中嶋常幸。その話が広がるにつれて、大会関係者はもちろん、出場選手からも「そんなことを言わずに、まだまだ出場してくださいよ」という声をかけられたという。第1回大会から11年間も海外勢に優勝カップを奪われていたが、それをストップさせたのが1985年の中嶋だった。当然のようにこの大会には思い入れがあるし、大好きで仕方がなかった。できれば、許される限り、ずっと出場し続けたい。しかし、男に二言はなかった。
米ツアートップの飛ばし屋に、ギャラリーも釘付け【大会写真】
「やっぱり、引き際っているのもあるし、この大会が好きだからこそ、もう今年で…、ね」
プロに転向して44年、ゴルフに対して常に真摯に向き合ってきた中嶋だけに、一度決めたことを翻すのはあり得ない。それを最も理解しているのは、律子夫人であり、長女の佳乃さん、長男の雅生氏だ。どんな形であれ、中嶋が最後に今大会に挑む姿を見届けようと、急きょ、律子夫人、佳乃さん、雅夫氏の夫人と3人の孫が開催コースに駆けつけた。
「自分からは何も話してないのに、気持ちを察してくれたんだろうね。最後ぐらい、ボクの姿を見てあげたいと思ったんじゃない?」
とはぐらかすように語った中嶋だが、家族の思いに感極まったのか、その目からあふれた一筋の涙が頬をつたった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年11月23日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュース

次に読みたい関連記事「時松隆光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。