石川遼、頼れるドローボールで1カ月ぶりのノーボギーラウンド!

石川遼、頼れるドローボールで1カ月ぶりのノーボギーラウンド!
<ダンロップフェニックストーナメント 3日目◇23日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>
前日のラウンド終了後、「ドライバーもアイアンも結構振れるようになってきたので、明日が楽しみです」と語っていた石川遼。そのことばどおり、この日は4バーディの「67」をマーク。「ZOZO Championship」初日以来のノーボギーのラウンドだった。
石川遼 絶好調時のドライバースイング【連続写真】
「ショットだけでなく、アプローチも少しずつよくなってきたからだと思います」と、石川。ショットの精度が上がったぶん、アプローチしやすいところにボールを落とせるようになったのだろう。実際、不調だったここ数試合では、ボールを右に打ち出してフェードしたり、左に打ち出してドローすることが少なくなかった。いわゆる逆球だ。2試合連続で優勝を飾った夏場は、ドロー中心のアイアンショットで攻めており、このときはイメージどおり右に打ち出してから左に曲がる球筋だった。
「秋口に近づくにつれて、アイアンショットの球筋がストレートめになり、同時にドライバーショットがつかまらなくなったんです。それで、ドライバーのつかまりをよくしようとするうちに、今度はアイアンショットの球筋がドローになりました」
幸か不幸か、石川にとってコントロールしやすいドローボールが帰ってきたのだ。あとはその球筋をどこまで信じて打てるか。この日、試金石となる場面が早くも訪れる。前半12番パー4の第2打だ。ピンまで残り185ヤード。そのピンはグリーン右のエッジからわずかに4ヤードの位置に立っている。セオリーなら、グリーン中央からフェードで攻めたいところだが、石川に迷いはなかった。グリーンの右サイドを狙うと、思い切って5番アイアンを振り切る。すると、ピンそば約10センチにピタリと落ちて止まったのだ。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。