渋野日向子にとって特別な勝利 「これほど“誰かのために勝ちたい”と思ったことはなかった」

渋野日向子にとって特別な勝利 「これほど“誰かのために勝ちたい”と思ったことはなかった」
       
<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇24日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72>
今大会開幕前に「ここで勝ったらかっこいいですよね!」と笑顔で話していた渋野日向子が、その4日後、本当に愛媛の地で優勝カップを掲げた。最終日スタート時にあった2打の差を6バーディ・ノーボギーの「66」という好ラウンドで逆転。トータル19アンダーまでスコアを伸ばし、今季国内ツアー4勝目をつかんだ。
お茶の間のみなさんにもピース!【写真】
「(スタート前)2打差だったので勝ちたかったです。そのなかでノーボギー、さらにこのスコアでの優勝はうれしいですね」。ラウンド後の会見では、こう満足感を口にした。単独トップでホールアウトした時点で、まずは同じ組で回り、3週連続優勝中だった鈴木愛を1打差で退けた。しかし、この時、まだ後続はプレー中。そのなかで一番の“ライバル”になりそうだったのが、16番時点で1打差につけられていた前日トップの森田遥だった。
しかし、森田は17番パー3でボギー。その頃、渋野はプレーオフも視野に、練習グリーンでボールを転がしていた。そして、2打差の状況で森田の18番のセカンドショットがカップに入らなかった瞬間、その練習グリーンにも朗報が届いた。それを聞いた渋野はまず両手を大きく広げ、優勝を伝えにきた定由早織キャディとハグ。そして次の瞬間、両手で顔を覆って涙を拭った。さらに時折聞こえる、2人の大きな笑い声。まさに“泣き笑い”のラストシーンだった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。