シードを阻んだ神様のいたずら… 森田遥は61位からの大逆転ならず

シードを阻んだ神様のいたずら… 森田遥は61位からの大逆転ならず
       
<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇24日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>
賞金ランキング61位。50位以内に付与される賞金シードに向けて単独3位以上のフィニッシュが最低条件だった森田遥。3日目を終えて単独首位と可能性を大きく残して最終日を迎えたが、4バーディ・3ボギーの「71」と1つしか伸ばせずトータル16アンダーの4位タイ。大逆転シードはならなかった。
渋野日向子とキャディの早織さんの最高のスマイル【写真】
11番を終えて4バーディ・ノーボギー。迫り来る鈴木愛、渋野日向子を振り切って単独首位に再浮上したが次の12番でボギー。それでも優勝の可能性を残していた。
大きく状況が変わったのが16番のグリーン上。「びっくりしました。傘もさせないし、キャップも飛んでいく」という強風が吹き荒れ始めた。
17番は、2013年に森田理香子がイーグルを奪って優勝、そのまま賞金女王へと駆け上がるなど、これまでいくつものドラマを生んできたパー5。だが、それはスコアを伸ばすということで名場面となってきた。大会3日目の難易度は16番目。1打差で首位を追いかける森田としては当然バーディを奪って追いつく算段だった。
だが、ティから強烈なアゲンストの風が襲ってきた。2オンなど到底狙えない。ティショットは220ヤードも飛ばず。さらに「ナイスショット」という2打目は「フェアウェイバンカーよりちょっと柔らかいくらい」のディボットにつかまった。結局、4打目も乗らずボギー。「神様がそういう風にやってるんじゃないかなと思います」とお手上げ状態。バーディを獲れば賞金シードに滑り込める18番でも、3パットのボギーを叩いて悔しい上がり2ホールとなってしまった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森田遥」に関する記事

「森田遥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森田遥」の記事

次に読みたい「森田遥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 森田遥 中国

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。