石川遼が史上最年少10億円到達 プレーオフの激闘制し「一生の思い出」

石川遼が史上最年少10億円到達 プレーオフの激闘制し「一生の思い出」
<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇8日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>
石川遼が2019年の国内男子ツアーを“締めた”。最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日。石川遼はブラッド・ケネディ(オーストラリア)との3ホールにわたるプレーオフを制し、今季3勝目、ツアー通算17勝目を飾った。
誇らしげにカップを掲げる石川遼【写真】
前半を2アンダーで折り返した石川は、後半に5バーディ・3ボギーとさらに2つ伸ばし、トータル8アンダー・首位タイでホールアウト。「最後のバックナインはずっといい感じでパットを打てていた」と、感触もよく延長戦に向かった。
プレーオフは18番パー3の繰り返し。1ホール目、石川のティショットはバンカー。ピンチとなるが、「今年で一番いいバンカーショットが打てた」という自画自賛の一打は、ピンから約50cmにピタリ。このホールをパーで分けると、2ホール目も石川、ケネディともにパー。プレーオフは3ホール目へともつれ込んだ。
3ホール目はともにティショットをグリーンオン。石川は約3m、ケネディは15m以上の長い距離を残す。ケネディが放ったバーディパットは約4mショートし、それを見届けた石川がウィニングパットを沈め、激闘に終止符を打った。
優勝インタビューでは、「最後の最後まで寒い中、応援していただいたみなさんの力です。最後のパットは一生の思い出です。ありがとうございます」と、ギャラリーへの感謝の言葉も忘れなかった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。