リードの疑惑、ウッズの苦悩【舩越園子コラム】

リードの疑惑、ウッズの苦悩【舩越園子コラム】
タイガー・ウッズの大会”、「ヒーローワールドチャレンジ」は、欧州ナンバー1に輝いたばかりで同大会昨年覇者のジョン・ラーム(スペイン)が優勝候補の筆頭に上がっていたが、今年の勝者に輝いたのは、18人中、最年長43歳のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)だった。
突如おそった悲劇… 違反を指摘されて肩を落とすDJ【写真】
2017年の「ウィンダム選手権」以来の優勝を遂げ、ステンソンは笑顔で喜びを語った。
「自信が先走り気味になることはいまだにあるが、今日はバックナインで踏ん張れたことがうれしい。来年は44歳。健康とやる気を失わないようにしていきたい」
ステンソンと同い年のタイガー・ウッズ(米国)は最終ラウンドで一時は単独首位に浮上したが、「ピンそばに付けきれなかった」。4打差の単独4位に甘んじたが、「日本での優勝以来、ずっといいプレーができている」と頷いていた。
しかし、そんなウッズの頭を痛める出来事もあった。3日目にパトリック・リード(米国)がバンカー内でライを改善したとされ、ラウンド後に2罰打を科された(ルール8−1a)。
リードは11番のバンカー内で素振りした際、ボールの手前の砂をソールで押し払うようにしながらテークバックし、「そういう素振りを2度も行なってライを改善した」とTV解説者や視聴者から指摘された。
ルール委員がリードに違反を伝え、協議したところ、リードはほんの数分のうちに、あっさり指摘を受け入れてスコアを「72」から「74」へ書き換えたそうだ。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「成田美寿々」のニュース

次に読みたい関連記事「成田美寿々」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。