ホステス大会で復活優勝を意識したあの一打 イ・ボミが選んだのは10mのスライスライン【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

ホステス大会で復活優勝を意識したあの一打 イ・ボミが選んだのは10mのスライスライン【女子プロが選ぶ“今年の一打”】
多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている一打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、完全復活を予感させる活躍を見せたイ・ボミ(韓国)に聞いてみた。
ボミが最終戦で見せた今季最後のドレス姿【写真】
2017年8月以来の優勝に期待がかかったボミ。完全復活のときが待たれる中、今季のボミは着実に成績を収め、一歩ずつ階段を上がった。
6月末までの前半戦では予選落ちが5回で最高成績は6月の「宮里藍 サントリーレディス」の22位タイ。それが後半戦に突入した7月の「資生堂 アネッサ レディス」で5位タイに入ると、その後は2戦連続で8位タイ、予選落ち2つをはさみ3位タイと、波はあるものの、トップ10の常連となっていった。
9月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で11位タイに入り、10月の「スタンレーレディス」で6位タイ。そして、自身が今季いちばんだったと振り返るショットが生まれたホステス大会の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」を迎えた。
初日から3位タイの滑り出し。スコアを落とすことなく3日間を走り抜け、最終日を迎えた。5打差から首位のテレサ・ルー(台湾)を追いかけ、迎えた10番。ここで今年いちばん印象に残った一打を放つ。
「10mくらいのスライスラインのバーディパットでした。これが決まって勢いに乗って、次の11番、12番でもバーディが獲れました。それでトップに立ったので、印象に残っています。スポンサーの大会で最終組で回って、その緊張の中でもそのパットが入った瞬間は忘れません」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。