去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

去年は「ない!」と回答 菊地絵理香が選んだのは自分でも驚きの…【女子プロが選ぶ“今年の一打”】
多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている1打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、日本勢最長タイとなる8年連続賞金シードを獲得した菊地絵理香
シンプルさゆえの美しさ 菊地絵理香のピタッとアプローチ【連続写真】
今季前半は苦しんだ。「アクサレディス」で9位タイ、「スタジオアリス女子オープン」の2位タイなど上位フィニッシュもあったが、持ち前のショット力、安定感からすれば物足りない数字。その後も9月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」から2週連続で予選落ちを喫するなど不振を極めたが、9月末からはトップ10が4回。土壇場で13年から7年連続となる最終戦の切符をつかんだ。
昨年も同じ質問をした際、菊地は「優勝をしていないので…、ないですね。優勝した大会での一打が、印象に残るものであって欲しいです」と勝利を挙げてないがゆえのプライドをのぞかせた。今年も開口一番「ない、ない」と回答。今回も同じかな…、と思っていると、「印象に残っている1打なら今年はあります」と意外な場面を挙げた。
「OBを2連続で打ったやつ。それしかないですね」
それは39位タイから上位進出を伺った「デサントレディース東海クラシック」2日目だった。前半で3つ伸ばしたものの、折り返して2つ落として迎えた14番。ドライバーを握った1打目が左に行ってOB。そこから「あー、打っちゃった~、みたいな感じで打っちゃいました」という2打目はさらに左に行って2つ目のOB。結局このホールで「+5」を叩き、前週に続く予選落ちを喫した。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「菊地絵理香 + 結婚」のおすすめ記事

「菊地絵理香 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「菊地絵理香 + イベント」のおすすめ記事

「菊地絵理香 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 菊地絵理香 イベント
  2. 菊地絵理香 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。