松山英樹の安定感は相手にとって「めちゃくちゃやりにくい」【丸山茂樹のプレジデンツカップ 】

松山英樹の安定感は相手にとって「めちゃくちゃやりにくい」【丸山茂樹のプレジデンツカップ 】
2年に1度行われるビックイベント「プレジデンツカップ」。米国選抜と世界選抜がぶつかり合う同大会は、世界ランキングやツアー成績をもとにした独自のランキングと、キャプテン推薦によりメンバーが選出される。今年はタイガー・ウッズ(米国)とアーニー・エルス(南アフリカ)をキャプテンに各国のトッププロがロイヤル・メルボルンGCに集結する。
新人セミナーを受けている笠りつ子【写真】
対抗戦は4日間の長丁場で行われ、初日にフォアサム、2日目にフォアボール。3日目はフォアサムとフォアボール、そして最終日にシングルス戦を12マッチが行われ、各マッチの合計ポイントで競われる。松山英樹もメンバー入りしている世界選抜が勝利を挙げたのは、過去12回で1回のみ。それがロイヤル・メルボルンGCで行われた1998年大会だ。当時世界選抜メンバーとして参戦し、MVPを受賞した丸山茂樹が、大会の見どころやチームの裏話を語る。
■“オレとクレイグ・パーリー? こんなちっちゃい者どうしで行くの?”
「ダブルスの組み合わせや順番は、キャップとノーマンが結構決めていたね。プライス、エルキントン、ノーマンと、だいたい同い年くらいの選手たちと、キャプテンのピーター・トムソンが話し合いで決めていた。ダブルスは、『おまえタイガーと行け』ってノーマンに言われて。“マジか、オレとクレイグ・パリー? こんな小さいのどうしで行くの?”みたいな(笑)。
それが当て馬だろうが、とてつもないことをしたことが、僕らが評価された部分でもある。最後の最後でやっつけた。自分は試されたり、捨て駒だったのかもしれないけど、それが僕の任務だと思ったから。自分のことを過大評価したわけでなく、点数をとるために出ていて、自分たちが負けても他が勝てばいいと思っていた。だから、組み合わせについて何も思ったことはない」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。