16番の“バースデープレゼント” 初登場・R・ファウラーが最後の1ポイントを死守!

16番の“バースデープレゼント” 初登場・R・ファウラーが最後の1ポイントを死守!
<プレジデンツカップ 2日目◇13日◇ロイヤル・メルボルンゴルフクラブ(オーストラリア)>
3日目の正午ごろ。第5組目がスタートする前の1番ティには、ハッピーバースデーの大合唱が響いていた。片手を挙げて応えたのが、13日に31歳の誕生日を迎えたリッキー・ファウラー(米国)。初日は控え選手となっていたため、この日が本戦では初お披露目。フォアサム1打目、ファウラーが打ったティショットは左のラフに飛んでいき相手チームに先制点を許したが、終盤ではしっかり見せ場を作った。15番を迎えた時点で2ダウン。残された猶予は残り3ホールだ。
アイドル・ファウラーも31歳か…【大会フォト】
プレッシャーがかかる中、直後にラッキーが舞い降りる。ペアを組んだゲーリー・ウッドランドが放った16番のティショット。右に曲がってトラブルになるかに思われたが、テントに当たってフェアウェイに戻ってきた。「カップが左に切られていたから、右サイドはちょうどいい角度だったよね(笑)」と、ファウラーが2打目を2.5mにつけてバーディ奪取。思わぬ“誕生日プレゼント”で1ダウンに引き戻すと、直後のティショットをしっかりとフェアウェイにおき、ウッドランドと抜群のチームワークで再びバーディで世界選抜に追いついた。
18番グリーンに上がった時点で、両チームともに2勝。世界選抜が約3m、米国選抜が約11mのバーディパットが残った。ウッドランドのファーストパットはカップをそれて2mオーバーしたが、世界選抜のバーディパットも入らずOKパー。ファウラーが決めなければ1ポイントを失うことになるが、「オーバーしたボールを見ていたし、ライン読みには自信があった」とプレッシャーを感じることなくカップイン。相手にリードを譲ることなく、引き分けのまま0.5ポイントずつを分け合い、ホールアウトとなった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。