ミスショットに『ナイスバーディ』もご愛敬 一方で、行き過ぎたブーイングに“退場”のトラブルも…

ミスショットに『ナイスバーディ』もご愛敬 一方で、行き過ぎたブーイングに“退場”のトラブルも…
<プレジデンツカップ 3日目◇14日◇ロイヤル・メルボルンゴルフクラブ(オーストラリア)>
6番パー3のティショット。グリーン右奥のバンカーに入れたパトリック・リード(米国)に向かって、『ナイスバーディ!』のヤジがとんだ。
こちらはオサレな地元ファン【大会写真】
オーストラリアが舞台となっている今年の「プレジデンツカップ」は、米国選抜にとってはアウェーゲーム。2年に1度のチーム戦に、観客の応援はいつも以上に熱が入る。声援の大きさは世界選抜が上回り、米国選抜がミスショットを打てば拍手や歓声が上がるのもご愛敬。フォアサムで2&1の勝利を収めたでゲーリー・ウッドランド(米国)は、「そういうものはシャットダウンして、まったく気にせずできた」と涼しい顔でやり過ごした。
観客からのヤジやブーイングも大会を盛り上げる大事な要素のひとつ。しかし、それは節度や選手へのリスペクトが守られてこそ。リードが6番のセカンドを1mにつけるナイスショットを披露すると、観客からは感嘆の拍手が贈られた。ところがこの後、リードに向かって、心ない一言が投げられる。
昨年の「マスターズ」制覇を含む米ツアー7勝の実力を示しながらも、気難しい言動から“ヒール役”となっているリード。先週の「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」では、“故意”ではないかと物議を醸したライの改善で2罰打を科され、優勝に2打届かなかったという経緯もあってか…。
本大会中でもそんなキャラクターがゆえに、他の選手以上のブーイングが浴びせられた。ところが、カートに乗ったリードに向けて、観客の一人がブーイングではなく暴言をはいた。これを聞いたリードのキャディがこの男性と言い合いになり、押したはずみに男性が持っていたビールがこぼれて問題となり、警備員の仲介で止められた。これを受けて、このキャディは最終日にバッグを担ぐことを禁じられた。「選手を守ることもキャディの勤め。他のキャディも、誰も私を責めることはできないはずだ」と語った。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。