実は重圧でいっぱいだった? タイガーが見せた「ハートフル」な涙とハグ

実は重圧でいっぱいだった? タイガーが見せた「ハートフル」な涙とハグ
<プレジデンツカップ 最終日◇15日◇ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)◇7055ヤード・パー71>
劣勢からスタートした米国選抜に勝利をもたらした、マット・クーチャーの0.5ポイント。ホールアウトした瞬間、グリーンで待ち構えていたメンバーとともに大会8連覇を皆で祝った。
米ツアーの美人奥さま勢ぞろい【大会フォト】
興奮の中で声を上げ、肩を叩き、かたく抱き合って勝利を喜ぶ選手たち。その中で、うっすらと涙を浮かべてクーチャーを抱きしめたのがキャプテンのタイガー・ウッズだ。大会にはこれまで8度出場しているが、今回は異例の“キャプテン兼プレーヤー”として参戦。「優勝した試合ではだいたい泣いていた」と語ったが、今回は格別だった。
「キャプテンとしては、チームをひとつにすること。選手としては、とにかくポイントを稼いでくること。今回はとても難しかった」。世界選抜に2ポイントの差をつけられて迎えたシングルスマッチ。1番手としてスタートしたウッズは、16番を終えて3UPと早々に決着をつけて1ポイントをもたらした。
勝利を喜ぶ間もなく、すぐさまインカムをつけてキャプテンの顔に早変わり。後ろの組の仲間が上がってくるのを、かたい表情で見つめていた。「これは21年前の続きだった」。1998年、メルボルンで初めて世界選抜チームに勝利を譲った大会。はじめてのキャプテンに、リベンジがかかる大一番でのプレッシャーは、レジェンドにとっても大きかったようだ。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ソンジュ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「成田美寿々」のニュース

次に読みたい関連記事「成田美寿々」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。