2日間で計7ホール… “想定外”のプレーオフ、畑岡奈紗は敗戦にも笑顔「より強い選手になりたい」

2日間で計7ホール… “想定外”のプレーオフ、畑岡奈紗は敗戦にも笑顔「より強い選手になりたい」
<ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 5日目◇20日◇フォーシーズンズG&スポーツクラブ(フロリダ州)◇6645ヤード・パー71>
2mのバーディパットを外した瞬間、“2日間の激闘”が敗戦という形で終わった。トータル13アンダーで72ホールを終え、ガビー・ロペス(メキシコ)、インビー・パーク(韓国)と並ぶトップタイでホールアウトした畑岡奈紗。前日、5ホールを戦ったものの決着がつかず月曜日に持ち越しとなったエクストララウンドは、開始7ホール目でバーディを奪ったロペスが制した。
メジャー制覇へ! 畑岡奈紗のドライバースイング【動画】
グリーン左に池が配置される18番パー3が、畑岡自身も「想定していなかった」と話すほどの長丁場の舞台となった。三つ巴で始まったプレーオフは、前日の3ホール目でティショットを池に落としたパークがまずは脱落。その後はロペスとのガマン合戦が続いた。
月曜日最初のホールをともにパーとし、迎えた運命の7ホール目。“右から攻める”という戦略通り、4番UTで放ったティショットをフォローの風に乗せピン右に着弾させると、これが傾斜を転がり2mほどのチャンスについた。先に打っていたロペスは、手前6mほど。勝利のチャンスが訪れたかに思えた。しかし、前日から徹底して手前から攻めていたロペスのバーディパットは、その予習を生かしたかのように、しっかりとラインに乗ってカップイン。畑岡にとってチャンスが一転、外せば負けというまさに“サドンデス”のピンチに変わった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事

「畑岡奈紗 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「勝みなみ」のニュース

次に読みたい関連記事「勝みなみ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 畑岡奈紗 Instagram

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。