殿堂入りした海老原清治に代わり青木”アニキ”が挨拶!?

殿堂入りした海老原清治に代わり青木”アニキ”が挨拶!?
1月23日の日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者の記者発表会では、レジェンド部門、プレーヤー部門、特別賞が発表された。松井功(日本プロゴルフ殿堂理事長)、青木功副理事長(日本ゴルフツアー機構会長)、倉本昌弘(日本プロゴルフ協会会長)、小林浩美(日本女子プロゴルフ協会会長)が出席し、参加者が縁のある受賞者についてエピソードを語った。
次のAO対決は? 青木&ジャンボの豪華2ショット【写真】
男子プレーヤー部門に選ばれた海老原清治については親交の深い青木がその役を担い、「とにかく義理堅い、自分と同じく口は悪いが人当たりが良い」と人柄を紹介。「物事の良い、悪いをはっきり言うがハキハキと物事を進めてくれる。弟分だが自分がお世話になっているような感じ」と笑顔で続けた。
海老原がレギュラーツアー初優勝をした1985年の「中日クラウンズ」でのこと、青木が「最後のパーパットを決めるのはすべてフックラインだよ」と海老原に指摘したところ、「そこまで見ているの」と驚かれた思い出を披露。「(練習していた)我孫子ゴルフ倶楽部のコースや付近にある利根川のコースで、転がしてゴルフを覚えた“ゴロフ”の経験がヨーロッパで生きたのでは」と欧州シニアツアー通算6勝、2002年には同ツアーで日本勢初の賞金王となった要因を分析した。
「70歳ですが、今は私より30ヤード以上飛ぶ」と努力をし続けていることを評価し、現在3連勝中の「日本プロゴルフゴールドシニア選手権」4連覇への期待をにじませた。コメントの締めくくりには「清治の代わりにお礼を申し上げます」と“兄貴”としての一面をのぞかせ会場を沸かせた。

■渋野日向子が史上2人目の日本プロゴルフ殿堂『特別賞』を受賞!
■タイガー・ウッズと松山英樹、2人の激闘に青木功が感じたこと
■「そのままの源蔵で会長を」 新選手会長・時松隆光に石川遼がエール
■【LIVE】今平周吾、川村昌弘が出場 欧州ツアーのスコア速報
■畑岡奈紗、河本結ら出場 米女子ツアーの組み合わせ

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュース

次に読みたい関連記事「新垣比菜」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中嶋常幸」のニュース

次に読みたい関連記事「中嶋常幸」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。