時松隆光は選手会長に向いてる? 師匠の篠塚武久氏に聞いてみた

時松隆光は選手会長に向いてる? 師匠の篠塚武久氏に聞いてみた
拡大する(全1枚)
日本男子ツアーの選手会が都内で理事会を開き、新選手会長に時松隆光が選ばれた。副会長には、石川遼池田勇太(留任)、小鯛竜也の3人が就任した。
すべての始まりはここだった… 時松隆光と原英莉花の2ショット【写真】
理事会が終わって開口一番、時松は「実感がなくて不安しかありません」。ツアー通算3勝と実績は十分とはいえ、26歳の若者が選手会の約200人の顔となったのだから、それも無理はない。実際、時松は選手会長に向いているのか? 時松が小学生の頃から指導し、彼の代名詞であるテンフィンガーグリップを教えた篠塚武久氏に聞いてみた。
「私は昔から『ゴルフをとったら何も残らない人間にはなるな』と教えてきました。選手会長に選ばれたということは、実力だけでなく人格的に認められたということですから、すごくうれしいですね。彼には思いやりの心がある。昔、東はイケメンの石川遼、西はココロの時松源蔵と言っていたくらい」。(時松の本名は源蔵で登録名が隆光)
その思いやりがわかるのは、時松が優勝したときだという。「源蔵はガッツポーズをしません。それがつまらないという人もいるけど、まず相手に対して『ありがとうございます』とお礼をする。それが相手に対する思いやりなんです」。さらに篠塚氏は続ける。「小さい頃から気配りができる子で、プレーしているときもよく人を見ています。ゴルフ界の発展をすごく考えていますし、一生懸命頑張ると思いますよ」と太鼓判を押してくれた。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「時松隆光」に関する記事

「時松隆光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「時松隆光」の記事

次に読みたい「時松隆光」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。