タイガー・ウッズ、納得の60台でニュードライバーに好感触

タイガー・ウッズ、納得の60台でニュードライバーに好感触
<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇23日◇トリーパインズGC(カリフォルニア州)>
タイガー・ウッズは2020年の自身初戦となった今大会で、ノースコースを5バーディ、2ボギーの69で回り、3アンダーの21位で初日を終えた。「今日のコースはもっとスコアを伸ばせたはずだが、最終的には60台でプレーできたことには満足している」と答えたタイガー。テーラーメイドの新ドライバー『SIM』を投入し、フェアウェイキープ率は57.14%とやや低めだったが、本人はある程度手応えをつかんだ様子。「思ったほどフェアウェイに打てなかったが、ティショットは自分の思い通りに曲げることができた」。
大型ヘッドに順応したタイガー・ウッズの最新スイング【連続写真

試合は昨年の12月15日のプレジデンツカップ以来。今年初戦とあってタイガーに気負いはない。「しばらく試合に出ていなかったからね。アンダーパーでサウスコースに向かえるのは良いこと。今日のラウンドではあと1つ、2つ伸ばすことができたが、もう少し全体的にまとめることができれば、明日も伸ばせると思う」。
インスタートで終盤の8番パー3では、ティショットがバンカーに入り、そのバンカーショットは寄らずに2メートルのパーパットを残したが、これを決めてパー。「8番のセーブはナイスだった。ラウンドの勢いを失わずにすんだ」。そう語るように9番パー5では、きっちりバーディを奪ってフィニッシュ。首位と3打差につけた。過去8勝を挙げている得意コースだけに、タイガーの4日間のマネジメントには、“優勝”が見えているはずだ。

■松山英樹は87位タイ でもティショットは満点!?「久々に良くて逆にびっくりした」
■タイガー・ウッズも惚れ惚れ 2020年初戦はBS新ボールで参戦
■テーラーメイドが低重心・大MOIの『SIM』を発表!
■河本結が“デビュー戦”で暫定2位発進で米国のファンも魅了
■ついに米ツアーデビュー戦 河本結が意気込みを語る【一問一答】

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュース

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。