全英のウイニングパットはまさに象徴 2つのドリルでつくり上げられた渋野日向子のパッティング【女子プロの匠】

全英のウイニングパットはまさに象徴 2つのドリルでつくり上げられた渋野日向子のパッティング【女子プロの匠】
拡大する(全1枚)
上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が、女子プロの中でも特に“うまい!”と思う選手のプレーをピックアップし解説する「女子プロの匠」。今回は渋野日向子のパッティングをチョイス。
これが“壁ドン”パット!うまさの秘訣を一コマずつチェック!【パッティング連続写真】
2019年すい星のごとく現れたニュースターの数あるプレーのなかでも特に注目を集めたのがパッティング。“壁ドンパット”と評されるその強気のパットで、同年の平均パット数(パーオンホール)は名手・鈴木愛に続く2位(1.7582)につけた。
「全英AIG女子オープン」の優勝がかかった場面でも6メートルのバーディパットを沈めたシーンはゴルフ界のみならず日本のスポーツ界全体で見ても19年を象徴する場面の1つだったといえる。そんな渋野のパッティングを辻村氏は「同じ『うまい』でも、鈴木さんとはまた違うタイプ。どちらかと言えば渋野さんは基本に忠実です」と評する。
「渋野さんは強気のパッティングとよく言われますが、パンチが入っているわけではありません。全英の最後は、下りのスライスライン。パンチが入らないのはもちろん、右に押し出すことなく、また“緩むことなく”、しっかりと“つかまって”いなければ絶対に決まらないラインです。それができているからタッチが合えばしっかりと入ります。気持ちが強いのはありますが、狙い通りの球を打っている、という大前提があります」(辻村氏)

当時の記事を読む

上田桃子のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「上田桃子」に関する記事

「上田桃子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「上田桃子」の記事

次に読みたい「上田桃子」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 上田桃子 Instagram
  2. 上田桃子 斉藤和巳
  3. 上田桃子 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。