渋野日向子の今季初戦はタイから 「どこでもドライバー振り抜けるのが自分の強み」

渋野日向子の今季初戦はタイから 「どこでもドライバー振り抜けるのが自分の強み」
拡大する(全1枚)
渋野日向子と畑岡奈紗が米女子ツアーのアジアシリーズ、「ホンダLPGAタイランド」(タイ)と「HSBC女子世界選手権」(シンガポール)に出場する。特に渋野は東京五輪出場のために、序盤から結果がほしいところ。それに先駆けてWOWOWのインタビューに答えた。
2020年の渋野日向子のスイング!新製品発表会で豪快デモ
2019年、女子プロゴルフ界は若手が台頭した1年だった。1998年生まれの渋野日向子が全英AIG女子オープンで優勝し、日本人女子としては42年ぶりの快挙を達成したのはまだ記憶に新しい。また1999年生まれの畑岡奈紗は、3月にキア・クラシックで自身初の米ツアー4日間大会で優勝すると、国内でも日本女子オープンを制するなど世界ランキングでも日本人トップの位置につける。他にも原英梨花、河本結ら同世代が優勝して、若手がツアーを席巻した。周囲は彼女らを「黄金世代」と呼ぶ。
渋野にとってルーキーイヤーとして迎えた2019年は、大きな飛躍の一年となった。国内ツアー4勝、米ツアー(メジャー)1勝という成績を残した。特に8月の「全英AIG女子オープン」制覇は、海外だけでなくもちろん日本国内でも大きな話題となった。その後は、周囲からの大きなプレッシャーがあったかもしれないが、本人はそれほど重くは感じていなかったようだ。「全英に優勝したことで色々な人に知ってもらえたので、1カ月くらいは自分が上手くいかなかった時にイライラしていたこともありました。でも、その中でもコーチや家族に“今まで通りでいいんだよ”と言っていただけたので、そこからは自分らしくできていました。特に(プレッシャーは)感じていなかったのかな(笑)、というか(プレッシャーなのかすら)分かっていなかったのかもしれません」。この強心臓が渋野の強さなのだろう。「全英AIG女子オープン」最終日の18番ホール、バーディを決めれば優勝が決まる時でも動じなかった。「プレーオフをしたくなかった。早く終わって、早く帰りたかった。自分でもそんなに打つつもりはなかったです。強気で打とうとは思っていたのですが、予想以上の強気だったので、(打った瞬間は)“やばい”と思った」。

当時の記事を読む

畑岡奈紗のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「渋野日向子の今季初戦はタイから 「どこでもドライバー振り抜けるのが自分の強み」」の みんなの反応 1
  • いつも字幕スーパー出ると思う。 通報

    渋谷⇔日野、通勤は結構しんどいな。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「畑岡奈紗」に関する記事

「畑岡奈紗」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「畑岡奈紗」の記事

次に読みたい「畑岡奈紗」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月3日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 畑岡奈紗 Instagram

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。