日米で大きな違い 平均ストロークNo.1の大きな価値【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

日米で大きな違い 平均ストロークNo.1の大きな価値【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】
シーズンの平均ストローク。女子だけでなく、男子も含め、日本のプロツアーはこの価値をもっと高めたほうがいいのではないか。
米ツアー本土初戦の河本結 リボンはためかせキラリとデビュー【写真】
昨年、申ジエが平均ストローク69.9399(27試合)で、日本女子ツアー史上初の60台を達成。部門別ランキング首位で表彰された。本人は以前から目標にしていた60台に「自分をほめてあげたい」とコメント。選手仲間の大きなリスペクトも受けている。しかし、賞金女王ほどの注目度はない。
米国女子ツアーの平均ストロークNo.1の選手には大きな称賛とともに『ベアトロフィー』が贈られる。1920年代に米国で大活躍し“女ボビー・ジョーンズ”とまで呼ばれたグレナ・コレット・ベアに敬意を表しての賞。米国男子ツアーの『バードントロフィー』(全英オープン6勝、全米オープン2勝のハリー・バードンが由来)もある。
日本では、昨年のジエが史上初だった平均ストローク60台だが、米女子ツアーでは、すでに当たり前のものになりつつある。初めて60台を出したのは98年のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)。以来、70台がNo.1になることはあるが、過去7年間のベアトロフィー獲得者はいずれも60台。昨年は69.062のコ・ジンヨン(韓国)を始め10位までが60台を出している。
コースの難易度やコンディションなどがまったく違うため、一概には比較できない。しかし、平均ストロークNo.1の価値をより高め、そのためには60台を目指す、という意識がツアー全体にいきわたることがレベルを上げることは言うまでもない。米ツアーで戦うことで、その意識を当たり前に持つことにつながる。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「永井花奈」のニュース

次に読みたい関連記事「永井花奈」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小祝さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「小祝さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦桃香」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦桃香」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。