原江里菜が東京五輪の日本代表トレーナー、鴻江寿治氏の指導で開眼 「調子が良いときのフィーリングに近づきました」

原江里菜が東京五輪の日本代表トレーナー、鴻江寿治氏の指導で開眼 「調子が良いときのフィーリングに近づきました」
今季プロ14年目を迎える原江里菜が、宮崎県のUMKカントリークラブで鴻江寿治氏の指導をみっちり4時間受けた。
同級生の有村智恵とドレス姿で2ショット【写真】
鴻江氏はプロ野球の千賀滉大や菅野智之、ソフトボールの上野由岐子といったトップアスリートに投球フォームを指導するカラダのスペシャリスト。人間の体を猫背の“うで体”タイプと反り腰の“あし体”タイプに分けて、それぞれがスムーズに動けて怪我をしない『骨幹理論』を提唱している。東京五輪には日本代表トレーナーとして帯同することが決まっている。
一方の原江里菜は、昨年はQTランキング1位の資格で34試合に出場し、賞金ランキング63位でシードを逃した。今季はQTランキング73位で、推薦での出場メインとなる。ツアー2勝の原が気にしているのは、インパクトで詰まって左肩が上がる動き。フォローで左肩が上がらないように肩を回そうとしていた。実は“うで体”タイプの原には、フォローから押していく動きは不向き。薄い当たりとなり、球筋が安定しない原因となる。
「引いて打ちたいのに、頑張って押して打とうとしているのが分かったので、左に乗って引っ張り下ろす動きをやってもらいました」という鴻江氏。“うで体”はもともと左腰が開いているため、フォローで肩を回して球を押そうとすると、体が開いて伸び上がり力が伝わらない。左サイドにカベを作って重心を下げながら引っ張り下ろすと、効率的に力を伝えることができるのだ。重心を下げて打つので、原が課題にしていた左肩が上がる動きは出ない。フォローよりも、バックスイングからインパクトまでの動きが大事になる。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「有村智恵 + 結婚」のおすすめ記事

「有村智恵 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 有村智恵 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。