“ミズノ一筋”西郷真央の開幕セッティングは? エースドライバーは「キャリーで10ヤード」増し

“ミズノ一筋”西郷真央の開幕セッティングは? エースドライバーは「キャリーで10ヤード」増し
昨年プロテストに合格した千葉・麗澤高3年の西郷真央が17日(月)、都内ホテルで『ミズノブランドアンバサダー契約』の会見に出席した。この契約で、ゴルフクラブ、キャディバッグなどミズノ製ゴルフ用品や、キャップの使用のほか、用品の開発・改良に関するアドバイス、宣伝・広報活動なども行う。契約期間は今年2月1日からの複数年契約と発表された会見で、西郷はその“ミズノ愛”を語った。
西郷真央のクラブセッティングをのぞき見
ゴルフを始めた5歳の時に、父が使用していたミズノのクラブに初めて触れ、「マークがかっこいい」と“一目ぼれ”した西郷。以来、同社のクラブとともに数々の試合を戦ってきた。そして今回正式に契約を結び、ミズノ製のウッド、アイアン、ウェッジをバッグに投入する運びとなった。
では、そのラインナップは? 現時点で想定される開幕セッティングで、まず“エースドライバー”には、同社の世界戦略モデル『ST200X』を使用。オフには、こちらも世界同時発売される『ST200』とともにテストを重ねたが、最終的には「ヘッドが大きくて安心感がある。芯に当たった時の打感が軟らかくてすごく好きな感覚だった」という200Xを選んだ。200に比べてボールがつかまりやすく、高弾道にするためライ角がアップライト、ロフトも少し寝かせているなどの特徴を持つクラブを携え、開幕戦の地・沖縄へと向かいそうだ。
このドライバーによってもたらされた変化について西郷は、「打球が安定するようになって飛距離も出るようになりました。そのおかげでドライバーの練習が好きになり、ティショットの部分は昨年よりもよくなった」と話す。飛距離でいうと「キャリーで10ヤード」ほど増したといい、好天のなかのラウンドでは「平均して250ヤードくらい飛んでいました」と、その効果に満足そうな表情を浮かべた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。