成田美寿々は“4日間クイーン” 渋野日向子も驚異の勝率【まるごと女子ツアー:4R競技優勝回数】

成田美寿々は“4日間クイーン” 渋野日向子も驚異の勝率【まるごと女子ツアー:4R競技優勝回数】
国内女子ツアー開幕まであとわずか。今年も「ダイキンオーキッドレディス」から37試合が行われる。通年の出場権を持つ賞金シード選手は50人。さらに前半戦の出場権を持つ選手は昨年の賞金ランキング51~55位の選手やステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1、2位など。そのほか、QT上位者も前半戦出場権を保持。そんなツアーの主力選手94人のデータをとことんチェック。4日間競技の優勝回数を見ると…。
成田美寿々のパンチの効いたライン出しショット【解説付き連続写真】
2019年の国内女子ツアーを振り返ると、39試合中4日間競技は14試合。20年は37試合中15試合が4日間となる。真の実力が試される、初日に出遅れても挽回できるなどといわれる4日間競技だが、果たして今年の主要選手は4日間競技でどのようなパフォーマンスを見せてきたのか。
勝利数トップは9勝を挙げているアン・ソンジュ(韓国)。通算28勝をマークしており、3勝に1勝は4日間競技と、やはり実力者が上位にいるのは順当な結果といえそうだ。次いで通算22勝の申ジエ(韓国)で7勝。メジャーに強い印象の二人はやはり、長丁場の戦いでは一歩リードといったところ。
ジエと並んで7勝を挙げているのが成田美寿々。通算13勝のうち、半分以上が4日間競技だ。15年以降の8勝のうち6勝が4日間競技。19年の2勝もともに4日間と圧倒的な勝率を誇っている。
次いで6勝のテレサ・ルー

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュース

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「笠りつ子」のニュース

次に読みたい関連記事「笠りつ子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。