松山英樹は上昇気流のなかでも泰然自若 マレット投入は世界ゴルフ選手権制覇へ吉兆か

松山英樹は上昇気流のなかでも泰然自若 マレット投入は世界ゴルフ選手権制覇へ吉兆か
<WGC-メキシコ選手権 事前情報◇20日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(メキシコ)◇7355ヤード・パー71>
前週の「ジェネシス招待」で最終18番のバーディでのギリギリの予選通過からトップ5フィニッシュと、勢いをつけて迎える世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-メキシコ選手権」。それでも松山英樹は開幕前日の取材で『調子はいいですか?』の質問に「たぶん。やってみないとわからない」、『高地への対策は?』と聞かれれば「特別変わったことをやるわけじゃない」と、いつもと変わらない泰然自若な態度を見せた。

2020年となってこれで5試合目。ショットの調子が上がってくるとともに、セッティングも「落ち着いてきました。ドライバー、スプーン、アイアンは決まった」と固まってきた。今年に入ってドライバーは昨年使用していた『M5 TOUR』、『SIM』、『SIM MAX』、アイアンもジェネシス招待でスリクソン『Z-FORGED PROTO』アイアンを入れるなど試してきてある程度のめどがたった。
とはいえ14本が決まったわけではなく、「あとは微妙なところが2、3本ある。パターとユーティリティ、4番アイアンのあたりを、マスターズに向けてどう調整していくかですね」と何本かはまだ決まらず。
特にパターはジェネシス招待3日目にスコッティ・キャメロン『スペシャルセレクトFlowback F5.5』を投入して「64」をたたき出した。それでも「でも最終日は入ってないですから。3日目に結果が出たからそう見えるだけで、最終日のスタッツをみると悪い」。この日も練習グリーンでマレット、コースでエースのピンパターと2本をテスト。「エースでうまく打てたら、なんでもうまく行くだろうという感じです」と独特の言い回しで話した。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。