プロ5年目で初のシード選手に 篠原まりあの素顔は… 「ウソをつくとあたふたしちゃう(笑)」【初シード選手へクエスチョン】

プロ5年目で初のシード選手に 篠原まりあの素顔は… 「ウソをつくとあたふたしちゃう(笑)」【初シード選手へクエスチョン】
鈴木愛が2年ぶりに賞金女王の座についた昨年の国内女子ツアー。今年のツアーを彩る50人の賞金シード選手も決まったが、うち13人が初シード入り、平均年齢も26.3歳と過去最年少を記録するなど、ツアーの“新陳代謝”は著しい。そこで初めてシード権を手にした選手13人に、その心境を聞いてみた。“素顔”に迫る質問も織り交ぜながら、喜びの声をお届けする。

プロ転向5年目となった昨シーズンに、キャリアハイとなる2581万3285円(ランク46位)を稼いで、初のシードを決めた篠原まりあ。しかしQTランク12位で臨んだ開幕直後は、『予選落ち』の文字が目立つ結果だった。
しかし、この流れが大きく好転したのが、9月のメジャー大会「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。ここで4位タイに入り860万円を加算すると、台風で短縮競技となった「スタンレーレディス」の2位タイなどもあってシードへの道を切り開いた。充実のシーズンを終えた篠原の心境は? 以下、一問一答。
――まず初シード入りの感想を聞かせてください
「夏までは、まさかシードに入れるなんて思ってなかったので、素直にうれしいですね。選手権がきっかけでゴルフが変わって、それは今後にも生かせると思っています。今は練習も充実していますね」
――ではプレー面で自身の“強み”はどこだと考えていますか?
「ショットが曲がらないこと。ドライバーのフェアウェイキープや、セカンドショット以降が強みだと思っています。選手権からパターもよくなってきてバーディ数も増えました」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「香妻琴乃」のニュース

次に読みたい関連記事「香妻琴乃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュース

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。